運転免許証とIC化

運転免許証は、車や自動二輪車の運転をするために取得するものです。
利用価値は高く、写真付きの本人証明としてもつかわれることがあります。
保有者が最も多い身分証明書でもあり、職務質問を受けた際にも本人の照明に使うことができたりもするのです。
そのため、とても汎用性の高いものであるともいえるでしょう。
それだけに、偽造されることさえあるのです。


この運転免免許証は、年々形や大きさが変化してきました。
現在の形になったのは、1994年であり、この年から小型化されるようになったのです。
そのおかげで、専用のケースを持たなければいけなかったのが、名刺入れにも入るようになりました。
身分証明書としても持って歩きやすいサイズになったといえるでしょう。


さらに、ICカード化も進められています。
個人情報の保護という観点から、本籍地の内容を電磁化することで、運転免許証自体に記載しないで済むようになったのです。
現在では、欄だけが残されており、中身は空白となっていることでしょう。


ICカード化されたことにより、運転免許証の安全性は格段に高まってきているといわれています。
会員証を作ったりする際に、身分証明書として関係のない本籍地情報が漏れないで済みます。
これだけでも、日本中で多くの情報が漏えいしないで済むようになったといっていいでしょう。


ほかにも大きな意味がICカードにはあります。
何気なく持っていたりするもので、どこが変わったのかもよく気が付かないことではありますが、改めてその価値を確認してみてはいかがでしょうか。


▽特集
通学で運転免許を取る場合も合宿で運転免許を取る場合も参考になる全国の教習所の情報サイトです > 運転免許 教習所